小澤康二の7step復縁方法で成功した復縁体験談【復縁センター】

小澤康二の7step復縁方法で成功した復縁体験談を紹介

どうしても復縁したい彼がいたわたしは、小澤康二さんの「7step復縁方法」を知りその復縁成功率の高さに惹かれ購入しました。

 

教材を読んでみると、目からウロコの内容ばかりで全部読み終わるとわたしが彼にフラれた本当の理由、そしてこれからその彼と復縁するためにどういう行動をとればいいのかがはっきりました。

 

 

私が彼に一度ふられてしまった最大の理由は恋愛スタイルのズレにありました。

 

付き合っている以上は毎日電話もメールもしたい、できるだけ会いたい私に対し彼は束縛を嫌うタイプ。

 

「気持ちが重い」と思われてしまったのです。
本人にはっきりとそう告げられ、ものすごくショックを受けました。

 

ですが別れた後の苦しみの中、やはりどうしても彼が好き!という気持ちが消えず、そのためなら自分のスタイルを変える事も辞さないと決意。

 

 

 

彼の性格が見えていなかった自分の視野の狭さを反省し、改めて復縁を目指しました。

 

まず彼とは職場が同じだったので別れてからも毎日顔を合わせる状況にありました。

 

そこでできるだけ明るく普通に接し、多少ぎこちなさは残るものの元の友人関係に戻ることに成功しました。
ほぼ付き合う前と同じ状態まで戻れた頃、折をみて「実はまだあなたが好き」と打ち明けました。

 

ここで深刻なムードになると彼にまた重い感じを与えてしまうと思ったので、なるべくサラッとくだけた感じで言いました。

 

更に「でも付き合ってとは言わない。友達でいいから好きでいる事だけ許してほしい」と伝え、それからはあくまでも友人としての態度をキープするようにしました。

 

メールは世間話的な内容で回数が多くなりすぎないよう気をつけ、電話も仕事で必要な時やちょっとしたお喋りくらいしかしませんでした。

 

たまには二人で飲みに行く事もありましたが、その際は恋愛感情を匂わせる仕種や言動をしないよう心がけました。

 

とにかく「友達でいい」と自分で言った内容を裏付けるように行動していました。

 

「そうしないと信用されないのでは?」

 

と思ったからです。

 

ただ職場で毎日会うので、その時は必ず笑顔で挨拶したり話しかけたりし、常に彼の存在を気にかけているというのはさりげなくアピールしたつもりです。

 

自分で決めた事とはいえ、彼と単なる友達として接している最中は辛い気持ちになる事もあり

 

「何やってるんだろう、私」

 

と泣いたりしたこともありました。

 

それでも私が変わったという事、好きという気持ちが先走り自分勝手になってしまった以前の私のままではないという事を分かってほしくて一生懸命自分を抑え、友達としてふるまい続けました。

 

別の女性が彼にアプローチしてきたと知った時は内心パニックでした。
彼の方から「俺に彼女ができたらどうする?」というような事を訊ねられ

 

「そりゃショックだけど、あなたが好きになった人ならしょうがないよ」

 

と平静を装いつつ明るく答えたところ彼は何か考えている様子でした。

 

後で聞いたところによると、もし逆の立場だったらどうだろう?とこの時ふと考えて私との復縁を意識したのだそうです。

 

結局一年近くの時間がかかりましたが、最終的には「まだ俺が好き?」と聞かれ復縁できました。

 

気持ちを押しつけず一途な姿勢を見せたのが良かったみたいです。

 

今ではお互い理解し合い、ちょうどいい距離感で付き合えています。

 

この「7step復縁方法」にはとても感謝しています。この教材のおかげでわたしが復縁できたといっても嘘ではありません。

 

あのまま復縁できずにいたらどうなっていたかと思うと怖いです。

 

勇気を出して行動してよかったと今では思っています。

 

 

>>復縁教材の中身を暴露!内容はコチラをクリック

 

復縁センター7step復縁方法 小澤康二ネタバレレビュー 目次

 

このエントリーをはてなブックマークに追加